3000万円台で叶う、プールのあるリゾートライフ「アロハプールヴィレッジ」 | Resort x Garden

水曜日のテーマ水を楽しむ

3000万円台で叶う、プールのあるリゾートライフ「アロハプールビレッジ」

2017.7.26

古くからある別荘の文化

別荘例

日本では古くから、都心部にお住まいの方が、軽井沢や箱根などに別荘を持つというステータスがありました。

これは現代でも同じで、セカンドハウスを持たれる方が意外と多くいらっしゃいます。

先祖代々大富豪、という方もいますが、一般の方がサラリーマンとして地道に一生懸命働き、獲得されるケースがどんどん増えています。

 

セカンドハウス所有の目的もさまざまで、週末に趣味のサーフィンや菜園をするため、あるいはリタイア後の終の棲家として。

中にはセカンドハウスを子育ての拠点にして、都心の住まいをご主人の通勤拠点にされる方もいらっしゃいます。

 

セカンドハウスの所有をためらわせる問題点

常磐の杜・アロハプールビレッジのセカンドハウスの問題

セカンドハウスは憧れの存在ですが、導入するにはいくつかのハードルがあります。

 

まずは予算の問題。人気のエリアは購入費用が高く、ほかにもメンテナンスや税金、交通費なども考える必要があります。

アクセスの問題もあります。渋滞が発生しやすく、行くのに何時間もかかってしまうのであれば、自然と足が遠のいてしまいます。

 

ご近所付き合いも必要です。土地柄にもよりますが、都心から週末だけ訪れるスタイルは、地元の人から見たら「都合が良い」と見られる可能性もあります。

このほか、セカンドハウス自体に魅力がなければ、わざわざ足を運ぶ理由もなくなり、自然と疎遠になってしまう可能性があります。

 

セカンドハウスの厳しい条件をすべて満たす「アロハプールビレッジ」

常磐の杜・アロハプールビレッジ俯瞰

これらのセカンドハウスの条件をまとめると、郊外でアクセスが容易、自然が豊かで素敵な環境。

さらに、週末利用が可能で、お手頃な価格が理想

 

そんな欲張りな条件を満たすのが、茨城県水戸市の常磐の杜にある「アロハプールビレッジ」です。

 常磐の杜・アロハプールビレッジ_popup

 

価格は3000万円台。都心から車で2時間以内の立地で、自然も豊か。

プールのある魅力的な専用街区のため、その一体は素敵な街並みが形成されています。

また周囲は同じ建て売り購入仲間なので、ご近所付き合いもスムーズ。

購入後の心配は大幅に軽減されます。

 

さらに最近注目を集めているのが、避難生活の場所としてのセカンドハウスです。

都心部で大きな災害が発生した際は避難生活を余儀なくされますが、安全な場所にセカンドハウスを所有していれば、不自由な生活を回避することもできます。

 

手頃な価格で、プール付きのセカンドハウスでの新しい週末を過ごせる「アロハプールビレッジ」。

ぜひ一度、ご検討されてみてください!

 

常磐の杜・アロハプールビレッジ_h325_popup