火曜日のテーマ火で遊ぶ

オプティミストで、癒やしの炎をインテリアに

2017.11.20

大人の火遊び倶楽部

火は見ているだけで心が安らぎ、癒やされます。
国や地域によっては、火は神聖な存在として崇められ、我が国・日本でも、たくさんのお祭りで祈祷のシンボルとして使われています。

歴史上、人々の暮らしにとって大切に扱われてきた火ですが、現代の日本の住まいでは残念なことに、火を扱うこと自体に大きなハードルがあります。
そこで、インテリアへ手軽に導入して「火」を楽しめるものとして、アイルランド製のオプティミストの炎を使った2つの商品をご紹介したいと思います。

その仕組みは、薪の部分にLEDが仕込まれていて、炎は蒸気。
LEDの色を変化させることで炎の加減を見事に表現でき、火を一切使っていないのに、とてもリアルです。

いわゆる「フェイクファイヤー」と呼ばれるものなので、中には格下のイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、実はアイルランドの高級ホテルでも導入されている、高級品。
夏場の暑い日でも涼しく炎のゆらぎを楽しめるとあって、ロビーなどで重宝されています。

アイルランドの高級ホテルにあるオプティミスト

では早速、商品をご紹介していきましょう!

 

ハードボックスタイプ
オプティミスト(ハードボックスタイプ)
ボックスの周囲にコンクリート打ち放し風のタイルを張り込んだもので、どっしりとしたイメージのオプティミストです。
リビングのセンターテーブルとして、あるいはインテリアの一角に置くだけで、あっという間にゴージャスな雰囲気になります。
燃料は電気と水だけなので、手間もなく、もちろんススも出ませんので、難しいメンテナンスや清掃作業も不要です。

 

トレジャーボックスタイプ
オプティミスト(トレジャーボックスタイプ)
こちらは遊び心あふれる、宝箱風のオプティミストです。
使用している木材は、御殿場で実際にウィスキーの樽として使っていたもの。
ほのかにウィスキーの香りも楽しめるという、おまけ付きです。
なお、フタは閉じることもできますので、シーンに合わせてあしらいを変えることができます。

いかがでしたでしょうか、リアルな炎のゆらめきを楽しめる、高級感にあふれたオプティミスト。
火を使っていないので、戸建てはもちろん、マンションでも気軽に導入できますので、ぜひご検討してみてください!

オプティミスト