日曜のテーマ日差しをコントロールしよう!

皆さんは休日を自宅で過ごすとしたら、どこで楽しみますか?

海外の休日は知人を招いたホームパーティーが定番で、夜に庭でくつろぐなんていうスタイルも当たり前です。

では日本はどうでしょうか。休暇などで訪れるリゾート地では存分に楽しめているのに、日常生活では有意義に楽しく過ごせていない方がほとんどではないでしょうか。

それを解くカギとなるのは、「庭を暮らしに取り入れること」です。そうすることでライフスタイルは一変し、自宅をリゾートのように楽しむホームリゾートが実現できます。

ただ、「庭を暮らしに取り入れる」といっても漠然としていて、イメージしにくいのではないでしょうか。

そこで、庭を暮らしに取り入れるポイントを曜日に置き換えて、わかりやすく一週間にまとめてみました。

 

日曜:自然光(日光)、日差しを感じる

20160820_1529_06_0540w578_h434_popup

自然の恵みである日差しを堪能し、屋外の開放空間で遊びましょう。

また、門からのアプローチや庭、バルコニーなど、普段何気なく見ている光景にファニチャーやパラソルを加えるだけで、雰囲気は一変。

ワンポイントの工夫だけで、簡単にリゾート気分を味わうことができます。

 

月曜:月あかり(月光)、ライティングを楽しむ

2

月あかりやLEDでライトアップされたクローズガーデンは、光の幻想世界を楽しめる大人のくつろぎ空間です。

愛読本と淹れたてのコーヒーを片手にファニチャーへ腰掛ければ、誰もがうらやむ極上のくつろぎ時間を満喫できます。

屋外用の照明は足元を照らすスタンドタイプ、ファニチャーや植栽を際立たせるスポットタイプ、やわらかな間接照明で落ち着いた雰囲気を演出するブラケットタイプなど、さまざまな種類があります。

これらの照明を上手に組み合わせることで、こだわりのくつろぎ空間をつくることができます。

 

火曜:ファイヤーピットとグリルの火遊び体験

1

ゆらめく火を眺める――。私たちは火や炎に魅惑的な感情をもっています。

何よりも、夜に火を囲みながらお酒を嗜むのは、心に最高の贅沢をもたらしてくれことでしょう。

リビングにファイヤーピットを設けて高性能グリルでホームパーティーを楽しむのも、火を身近な暮らしに取り入れる方法のひとつです。

火はコミュニケーションの架け橋にもなり、家族や友人との語らいの時間を、充実したものにしてくれます。

 

水曜:ピッシーナがつくるウォーターリゾート

20161123_1820_00_0986w578_h384_popup

海外の大庭園にあるようなプールではなく、日本の住まいでも取り入れやすい小型化されたプール「ピッシーナ」(イタリア語:piscina)。

ピッシーナという新たな価値が、日本の日常の暮らしに広がりをもたらします。

夏は定番の水遊びを楽しみ、冬は温水のスパでくつろぎ、夜はLEDでライトアップされた水景で、大人のプライベートタイムを楽しみます。

気になる導入費用は200万円程度からとさほど高くなく、ランニングコストも近年の循環型のろ過機などでは減った水代ぐらいで済むので、あまりかかりません。

 

木曜:植物や木製品で自然を楽しむ

20141113_2320_41_0418w578_h384_popup

シンボルツリーや植栽を充実させて、四季ごとに移り変わる植物の豊かな表情を楽しみましょう。

季節の花の美しさ、葉の色づき、落葉など、自然を肌で感じながら過ごすことは、心にゆとりをもたらしてくれます。

風で木々が揺れる音はリラックス効果もあり、ファニチャーがあればゆったりと楽しむ自分時間を味わえます。

植物を植える場所がない場合でも、スタンドや壁掛けラックなどを活用すれば、省スペースでも立体的にたくさんの植物を育てることができます。

 

金曜:アネックスで生まれる庭への新発想

20150803_1425_27_0512w100_h66_popup

「ガーデンルーム」といえば、リビングやダイニングの延長で1部屋増やす・広げるということを思い浮かべる方が多いかもしれません。

そこでご提案したいのは、「アネックス」(別棟・離れ)という発想。

近隣との境界側に別棟のガーデンルームを設置すると、そこからはマイホームと開放的な庭を眺めることができます。

それはもはや「パティオ」という完全独立のプライベート空間になり、庭の楽しみ方も広がります。

 

土曜:ガーデニングや愛犬と遊ぶ

リゾートだけでなく、趣味を大切にしたプライベートスペースとしてのガーデンもあります。

大人は植栽のガーデニングを楽しみ、愛犬には芝生のドッグランをつくって、子供には自由に楽しめる土遊びスペースを。

庭に家族それぞれが思い思いに楽しめる場所があれば、充実した豊かな一日を過ごすことができます。

単に見て楽しむだけでなく、目一杯遊べる空間があってこそ、リゾートが際立ちます。

 

このように、庭は一番身近な自然であり、日・緑・水・風・火を感じることができる場所です。

庭を暮らしに取り入れることで実現する「ホームリゾート」。それは誰もが手に入れることのできる、人生を豊かにするものなのです。